FC2ブログ

2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫)

GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫)

アマゾンで詳細情報を確認する

  • 若木 未生
  • 5SB32L
  • 関連キーワード
  • Google検索結果

  • 「GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫)」に関するサイトの検索結果
    • GLASS HEART/熱の城| 若木 未生/羽海野 チカ| 文庫/ コバルト文庫. グラスハートシリーズ. GLASS HEART. 熱の城. ネツノシロ ... イラスト:羽海野 チカ. ISBNコード: 4-08-600116-0. 判型/総ページ数: 文庫判/258ページ. 定価: 530円(税込) ...
    • オンライン書店ビーケーワン:熱の城 Glass heart 熱の城 Glass heart コバルト文庫 のお求めはビーケーワンで。 ... 熱の城 コバルト文庫. Glass heart. 若木 未生著 ... この「熱の城」が新刊として出ていた時、迷わずに買ったけどなかなか読み出すことができなかった。 ...
    • Amazon.co.jp: GLASS HEART 熱の城 Amazon.co.jp: GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫): 若木 未生, 羽海野 チカ: 本 ... GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) 5つ星のうち 4.3 (3) ¥ 530 ...
    • GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) 若木 未生 「GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) 若木 未生」の感想 ... GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) 若木 未生. 251ページ. コミュニティ. GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) コミュニティ. 若木 ...
    • Amazon.co.jp: 冒険者たち―GLASS HEAR この本とGLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) 若木 未生をあわせて買う ... GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) 若木 ... GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫)を購入しています 5つ星のうち 4.3 (3) ...
    • [Amazon] GLASS HEART 熱の城 についてブ GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫):若木 未生について、ブログでのレビュー・感想・書評・評判・口コミ情報・ネタバレなど。 ... JUGEM レビュー > [Amazon] GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) ...
    • iコバルト文庫 GLASS HEART 熱の城. 表紙を見る. 若木未生. イラスト/羽海野チカ. 価格 505円 ... 楽聖・藤谷直季(ふじたになおき)は、日野(ひの)ヒビキや櫻井(さくらい)ユキノのプロデュースを手がけ、多忙。 テン ...
    • 熱の城: 紀伊國屋書店BookWeb 紀伊國屋書店 熱の城 by 若木未生 集英社 税込価格:530 1,500円以上の購入で送料無料! ... GLASS HEARTネツノシロ コバルトブンコ. コバルト文庫. GLASS HEART 熱の城 ...
    • GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) エキサイト 集英社の『GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫)』の紹介ページ。新品価格(¥ 530)、購入者のレビューなど ... トップ > 書籍情報 > GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫) ...
    • NEWS 最新刊 「GLASS HEART LOVE WAY」(集英社コバルト文庫)が、 ... 「GLASS HEART 熱の城」(集英社コバルト文庫)が、 6月1日に発売される予定です。 ... 「ストロボライツ」+書き下ろし「熱の城1」「熱の城2」の3編です。 ...
    • NEWS 最新刊 「GLASS HEART LOVE WAY」(集英社コバルト文庫)が、 ... 「GLASS HEART 熱の城」(集英社コバルト文庫)が、 6月1日に発売される予定です。 ... 「ストロボライツ」+書き下ろし「熱の城1」「熱の城2」の3編です。 ...
    • レビュー 総合評価ポイント:4.3
      • 続きが待たれる一冊です...。 ★★★(3) 何だかこの巻はちょっと泥沼の様相...。
        櫻井VSヒビキ事件勃発や。
        アカネちゃんの進学問題。
        恋愛問題など等。波乱の予感満載です。
        読み始めてすぐは『坂本君視点』で。
        その後は『アカネちゃん視点』
        個人的にはアカネちゃん視点の方が
        気持ちが入りやすいかな。
        同じく尚ファンの性かもですけど!
        続きが待たれます...。
      • 波乱ののきざしが満載 ★★★★(4)  第2部になってヒートアップしているこの作品ですが、
        今回人間関係がますます複雑になっていきます。

         最初の「ストロボライツ」は坂本くんの一人称なので、
        相変わらずの毒舌ストレートぶりがちょっと恐かったりします。

         この話のあるくだりで、「テン・ブランク」の人が音楽中心に考えてしまうなか、

        マネージャーの源司さんがTBもバンドの人間も
        それぞれの未来も大切にしているのがとてもわかります。

         茜ちゃんの一人称に戻って「熱の城Ⅰ・Ⅱ」
         今までのなかでも大変なことになるこの巻ですが、
        メインは藤谷さんのプロデュースした櫻井ユキノ、日野ヒビキとTBの
        「藤谷さん争奪戦」。

         音楽だけでなく、その周りにある現実にかき乱される様子や、
        それそれが必死で!?!?だから傷つけあってしまう様子が
        書かれていて、どきどきして、少しせつなくなってしまいます。

         また、いままで音楽に隠れていた感じのある恋愛問題も
        勃発して、これでもかと言うくらい波乱のきざしが満載です。
         ぜひぜひ読んで見てください。

      • 右脳で読め ★★★★(4)  時々若木未生という人が羨ましくなる。この小説が生まれる瞬間に立ち会ってるのか、あんたは!と。 無茶なうらやましがり方なのは承知の上で。生んでる人なんだから、そりゃそうだろうって理解しながら、やはり、思ってしまう時が。

         というか本当言うと、今思った、というか、この小説読み終わった後、喘ぎながら思った。(息が苦しくなるのよ、グラスハートシリーズ読むと…)
         ネタバレはしたくないから、多くは語れない。けど、グラスハートはやはり若木作品の中でも最高傑作シリーズなのです。問答無用で。

         これは、『熱の城』への感想というより、グラスハートシリーズへの感想なのだと思うが、とにかく、なんでこういう、理屈じゃなく、心臓のど真ん中で読まなけりゃいけない言葉を書くな、この人…。「左脳で聞いちゃだめ」と作中で出てきた言葉そのまんま、これを読む人に当てはまります。左脳で読んじゃだめ。右脳で、瞬間的なスパークで小説を「ライブ」に読まないとダメ。読むというより「聴く」のね。能動的に、本能で、化学変化を起こしながら読む。言葉が自分の中で何かに反応して、意味になって、熱になる、そういう小説です。

         こんなレビュー、若木未生作品とグラスハートシリーズ読んでない人には不親切極まりない「意味不明」なものですが、迷っている人は、まず『グラスハート』からスタートして、ここまでたどり着いてください。合わない人は合わないので、最初でちゃんと区別尽きます。とりあえず順番追ってね、一応。もしも波長が合ってしまったら、恐らくノンストップでここまで来るでしょう。でもノンストップだと、多分窒息死しそうになると思うので、途中でブレイクしつつね。(熱出ると思います、多分)
         そんなところで。日本語が崩壊して意味不明なのは、私のせいではなく、この本のせいです。そういう本です。ちなみに、星は4つ。1個足りない理由は、今回の作品は、ちょっとだけ左脳の入る余地があるから…。

      • 続きは!!? ★★★★★(5)
      • (0)
    • 関連カテゴリ
    • 関連商品
    • 販売元:集英社
    • 発売日:0000-00-00
    • 評価:
  • 楽天goodsでの検索結果
  • キーワードアーカーイバでの検索結果

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

    テーマ:ボクのオナペットアイドル - ジャンル:アダルト

  • コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://aokononioikusaionna.blog103.fc2.com/tb.php/3867-c8f24d1a

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | HOME |  »

    フリーエリア

     

    プロフィール

    この前いったピンサロ嬢

    Author:この前いったピンサロ嬢
    FC2ブログへようこそ!

     

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

     

    ブログ内検索

     

     

    RSSフィード

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。